当サイトを最適な状態で閲覧していただくにはブラウザのJavaScriptを有効にしてご利用下さい。
JavaScriptを無効のままご覧いただいた場合には一部機能がご利用頂けない場合や正しい情報を取得できない場合がございます。
  • slide1
  • slide2
  • slide3
  • slide4
  • slide1
  • slide2
  • slide3
  • slide4

予告広告

本広告を行い取引を開始するまでは、契約叉は予約の申込みに一切応じられません。また申込みの順位の確保に関する措置を講じられません。予めご了承ください。
(販売開始予定時期:2022年7月上旬)

もう、
木の温もりは、
一戸建ての特権ではない。

「DOOP」の集合住宅は、貴重な天然木を室内に贅沢に使用。
この天然木は福岡県の耳納連山で育った杉や檜を使用、表情は一邸一邸異なり、
住むほどに味わい深い表情となって豊かな空間を創造します。
効率だけを追求してきたこの国の住宅のあり方に警鐘を鳴らし、
百年先まで見据えた資産性を追求し、
人と街と自然が共生する住まいのカタチを考えた結論、
それが照栄建設のブランド「DOOP」。

一邸一邸に天然木。だから、DOOPは、大量生産できない。

img02

森に学ぶ。

福岡県産木材「耳納連山の杉」のふるさと、
それが久留米市からうきは市に連なる耳納連山。
浮羽森林組合等が耳納連山の杉の産直ネットワークを形成し、
木材の地産地消を実現しました。
地域で育った木材で家を建て、また木を育てる。
そうした自然の循環を考えた、
昔からの“当たり前”を、住まいづくりに活かしています。

天然素材。

天然木とマンションの融合という、新発想に取り組む「DOOP」。
頑強な構造に守られながら、天然木ならではの味わい深い表情を楽しめます。
木材は呼吸しているため、心地よさが持続し、梅雨時でもさらっとした足触り。
快適で温かみもあり、なんと言っても木材の良い香りが空間を包んでくれます。
戸建住宅とマンションの良い所を抽出、それがこの邸宅です。

住宅をつくることが、
環境を脅かすことであっては
ならない。

環境に優しいオール電化マンション
img06

※室内の写真は当社施工例で実際のものとは異なります。
※掲載の写真は2021年2月、2022年4月に撮影したものです。一部CG合成を施しております。